FC2ブログ
カデュエット

「イノセントガーデン」DVD、ブルーレイ購入レンタル最安値情報 - 最新映画DVD、ブルーレイ購入レンタル最安値情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画 ブログランキングへ

「イノセントガーデン」DVD、ブルーレイ購入レンタル最安値情報

■ 「イノセントガーデン」 予告編


■ 「イノセントガーデン」の概要、ストーリー


◇ 概要

  『オールド・ボーイ』『渇き』などで知られる韓国の鬼才、パク・チャヌク初のハリウッド作となるサスペンス・スリラー。
  広大な屋敷で暮らす母娘のもとへ、長期間にわたって消息を絶っていた叔父が現れたのを機に、次々と起こる不気味な出来事と、その裏に隠された驚がくの真相を息詰まるタッチで追い掛けていく。
 主演のオスカー女優ニコール・キッドマンや、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカを筆頭に、実力派が結集。謎が謎を呼ぶ展開に加え、静謐(せいひつ)な美しさにあふれた映像も必見だ。
 (製作年:2013、製作国:アメリカ、日本公開:2013.5.31、上映時間:1時間39分)

 ストーリー

  外の世界を遮断するように建てられた、大きな屋敷に暮らしている少女インディア・ストーカー(ミア・ワシコウスカ)。
 自身の誕生日に、愛していた父親が交通事故で帰らぬ人となってしまう。彼女は、母(ニコール・キッドマン)と葬儀に参列すると、そこへ行方がわからなくなっていた叔父のチャーリー(マシュー・グード)が突如として姿を現わす。
 彼と屋敷で暮らすことになるが、それを発端にしてインディアの周囲で不可解な現象が頻発するようになる。  (概要、ストーリーとも「ヤフー映画」から引用)

◇ 「ibukuro」さんのシネマビュー

 独特の感性によって作られた映画で、サイコホラーとしてこの感性を肯定できるかによって評価が分かれてしまう作品。
 劇場で見た予告編からすでに、製作側の感性が普通じゃないという雰囲気が強く伝わってきていたので、「ほかとは違う」ものが大好きな自分としてはすごく気になっていた映画だった。
 そして、その期待を少しも裏切らない、いや、期待以上に独特の感性によって表現された映画だった。
 予告編からは難解なミステリーを予想していたが、そこも予想とは随分違った内容だった。
これは「恐るべき血の物語」で、予告編に出てきた殺人シーンには何らかの理由があり、その謎解きがこの映画の根幹かと予想していたら、その殺人にあったのは「理由」ではなく「意味」だった。
 冒頭から主人公インディアの行動が普通ではないことが表現されている。そして、インディア自身も他と違うことを認識している。
 一見、行動が自閉症のように見えるものの、ところどころにそうではないことが表現されていて、まず、このインディアの本質は何かということが気になって、インディアの行動に着目し、その意味を理解しようとスクリーンに集中させれられてしまう。
 それに対して、あまりにも俗物的な母は、インディアのことが理解できない以前に理解しようともしない。
 ニコール・キッドマンという女優は、美人だけれど個性に欠けるので、インディアの独自性を強調するためだけに用意されたこの映画での役柄なんかは実によくはまっている。
 その後、父が死んだ直後、その存在を知らされていなかった叔父のチャーリーが現れる。
そのチャーリーのインディアに対して見透かしたような態度に、他の人たちとは違う何かを感じてインディアはこのチャーリーが気になってしょうがなくなる。
 そして、それから起きたり目撃したりしたものから、自分の本質が少しずつ目覚めていくことを感じ始める。
 チャーリーは用意周到に計画されたことの仕上げにインディアの前に現れ、その目論見は見事に成就する・・・・・かと思われたが、本人は一つのミスを犯していたことに気付かなかった。
 そして、それにより結末は・・・
 この映画の最大の見どころは、インディアの本質が少しずつ明らかになっていくスリル感。
そして、それに叔父のチャーリーがどう関わっていくかのドキドキするような期待感。
 そこに、父がインディアの本質をどこまで見抜いていたか、インディアは父に対してどういう感情を持っていたかを理解していくことで、そのスリル感や期待感に深みが増していく。
 それを、独自の映像と構図と演出で見事に表現しきった監督の感性とテクニックに賞賛を贈りたい。

■ 「イノセントガーデン」のブルーレイ、DVDを賢く買おう 
 
  (注:以下の記載は、25.11.23 現在の情報に基づいています)

 DVD、ブルーレイ(H25.12.4発売予定)をいかに安く買うか考えてみましょう。
 まずは、DVD、ブルーレイを販売しているネットショッピングサイトには、どんなところがあるかをご覧ください(→コチラ)。
 これらのショッピングサイトが提示している価格を比較検討すると、大体の価格の傾向がみえてきます。 
 アマゾンを中心にして、そこに楽天市場とヤフーショッピングに出店している数店が激しく最安値を争っているのです。
 ここで注意しておきたいのは、本体価格だけでなく送料です(本サイトに掲載する最安値価格の考え方コチラ)。

 そこで、送料を含めて、DVD最安値を争っているショッピングサイトを、5店舗上げてみました。


☆ 送料も含めて比較検討すると、2900円代でアマゾン、DMM.com、セブンネットショッピング、楽天ブックスが激しいつばぜり合いを演じています。鼻差でアマゾンが最安値ですね。


店舗名(※①)本体価格(※②)送料合計ポイント
アマゾン
 2928
無料2928 ー
DMM.com
 2952
無料2952 ー
セブンネットショッピング(ヤフー) 2953
無料2953
 28
楽天ブックス(楽天) 2993無料2993 28
ハピネットオンライン(ヤフー) 3072
無料
3072 29
      本体価格(参考価格):3990 

※① 店舗名の末尾に記載しているカッコ書きは、その店舗が出店しているインターネットショップをあらわしています。たとえば、「楽天」は楽天市場、「ヤフー」はヤフーショッピング。
 参考に、楽天市場とヤフーショッピングで購入した場合のポイントも掲載していますが、最安値価格の考慮材料には使っていません。 


※② 価格は、消費税込みでDVD(通常版)の価格を掲載しています。
 
※③ 同じ店舗が楽天市場とヤフーショッピングに同じDVD等を出店している場合において、楽天市場とヤフーショッピングでの料金が違う場合があります。要注意ですね。この場合は、低い方の価格を掲示しています。 



アマゾンで購入するなら 

   ↓  ↓  ↓  ↓


DMM.comで購入するなら
   ↓  ↓  ↓  ↓


楽天市場の各店舗で購入するなら

    ↓  ↓  ↓  ↓


ヤフーショッピングの各店舗で購入するなら
    ↓  ↓  ↓  ↓



◇ DVDのレンタル(月額レンタル)


 「わざわざ高いお金を出して買ってまで見たいとは思わないなあ。どうせ1回みたら2回見るなんてことは、その作品がよほど気にいらない限りないのだから」と考える人も多いことだろうと思います。そういう人のためにはDVDレンタルがお手軽でいいですね。
 「ネットで予約」「自宅にお届け」「ポストに返却」のあのシステムです。
 DVDレンタルを行なっているインターネットショップは5社あります。
 レンタル店舗の概要を比較してみましょう。

レンタル店舗比較表

店舗名
総タイトル数お試し期間年会費特徴など
DMM.com約1030002週間なしタイトルが豊富。多様なレンタルプランあり。
ぽすれん約750002週間なしタイトル豊富(一般タイトル業界№1)、クレジットカードがなくても利用可能
TSUTAYADISCAS約931001ヶ月なし多様なレンタルプランがあり、オプションも可能。
楽天レンタル約37900なしなし枚数を多く借りたい人におススメ。
YAHOOレンタル約469001ヶ月(制限あり)なしぽすれんと似ているがアダルトなし。
 
 各店舗とも多様な月額レンタル制度を設けていますので、この際、入会して、思い切り映画を楽しむというのもいいですね。
 ここでは、各店舗のベーシックプランを掲げておきます。
 DVDレンタルの詳細を知りたいと思うならこのサイトへ(→
「宅配DVDレンタル達人」

ベーシックプラン比較表
レンタル店舗名プラン名月額料金月レンタル枚数1枚あたりの値段同時レンタル可能枚数無料お試し
DMM.com
ベーシック8シングルパック1890(※) 8 2562(1便)入会後1ヶ月
ぽすれんスタンダード8 1953 8 2442(1便)入会後30日間
TSUTAYADISCAS定額レンタル 1958無制限 -2(1便)入会後30日間
楽天レンタルベストプラン 2400 8 3002(1便) -
YAHOOレンタル月額レンタル 1680 6 2802(1便)入会後1ヶ月(2ヶ月利用者のみ)
   ※ 2015.2.2までキャンペーン中(料金:1280円)

◇ DVDのレンタル(単品レンタル)

 次に単品レンタルについてみていきましょう。
 どの店舗も単品でレンタルできる制度を設けています。その内容は次のとおりです。
 「イノセントガーデン」は、現時点では新作としてのレンタルとなります。そこで、表の末尾に各レンタル店の新作単品レンタル料金を掲載しておきます(なお、実際にレンタルしているかどうかは、下に掲げた各サイトのバナーをクリックしてお確かめください)。

単品レンタル比較表 

店舗名
料金期間支払い方法(※)延滞料1枚だけ単品レンタルしたときの料金
DMM.com180~780円(作品によって異なる)8泊9日クレ、DMMギフト券210円/日780円
ぽすれん100円~(作品によって異なる)、送料(1~7枚300円、8~16枚500円)9泊10日クレ、コン、郵便、Edy、自分銀行157円/
680円
TSUTAYADISCAS230円(旧作新作とも)、送料(1~4枚290円、5~7枚390円、8~10枚590円、11~16枚790円)30泊31日クレ、ドコモ、au53円/日520円
楽天レンタル280円(新作)、170円(準新作)、50円(旧作)、送料(1~2枚300円、3~5枚500円、6~9枚600円、10~20枚10000円)10泊11日クレ80円/日580円
YAHOOレンタル380円(シングルマークのある作品のみ、新作・準新作不可)、送料込み9泊10日クレ、銀行157円/日 -
 ※ クレ→クレジット、コン→コンビニ、郵便→郵便振替、銀行→銀行口座落し、ドコモ→ドコモ携帯決済、au→anかんたん決済
 

DMM.comでレンタルするなら
      ↓  ↓  ↓  ↓

     
   
TSUTAYADISCASでレンタルするなら
      ↓  ↓  ↓  ↓


 ほすれんでレンタルするなら
      ↓  ↓  ↓  ↓

 
 楽天レンタルでレンタルするなら
      ↓  ↓  ↓  ↓


◇ ヤフーレンタルでレンタルするなら           
     ↓  ↓  ↓  ↓
     ヤフーレンタル

◇ 動画配信


 最近、動画配信が注目を集めています。これまではパソコンでしか視聴できなかった映画(動画配信)が、インターネットと連動したテレビ(パナソニック「VIERA]、ソニー「ブラビア」、LGスマートTVシリーズなど)であれば、テレビでも視聴できるようになってきたからです。
 
 ビデオレンタルだと、パソコンを通じてレンタルの申し込みをし、期限を気にしながら視聴したうえで、ポストに返却しなければなりません。動画配信ならそんな手間はいりませんし、貸し出し中で待たされるということもありません。

 問題は、配信タイトル数がどのくらいあるかということですが、これもずいぶん増えてきているようです。
 もし、配信タイトル数がビデオレンタル店同様に増えれば、定額の月額料金を支払えば、映画がテレビで見放題ということになります。そういう時代は、もう目と鼻の先にきているのです。

 また、DMM.comやTSUTAYADISCASは、単品での動画配信を行っています。これまた、ビデオのレンタルよりもかなり安い料金で映画を視聴できます。

 動画配信サービスを行っている会社はさまざまですが(→動画配信サービス会社一覧サイト)、ここでは代表的な2社と、単品での動画配信をおこなっているDMM.comとTSUTAYADISCASを参考までに掲げておきます。

動画配信2社
配信会社名月額配信数無料視聴期間対応機種
Hulu980映画1000本以上見放題2週間パソコン・アイパッド・アイホン・スマートフォン・テレビ・ブルーレイプレイヤー。テレビはパナソニック「VIERA」、ソニー「グラビア」、LGSmartTVシリーズ」
U-NEXT199075060本16日間テレビ・パソコン・スマートフォン・タブレットなどあらゆるデバイス。テレビはソニー「グラビア」、シャープ「アクオス」、日立「Wooo」、パナソニック「VIERA」

動画配信レンタル比較
配信会社名1本の料金制度内容など
TSUTAYADISCAS新作200円~、旧作100円~月額980円で20本まで視聴できるシステムあり。「イノセントガーデン」の動画配信未定。
DMM.com1本60円~(作品によって異なる)80000タイトル以上。「イノセントガーデン」の動画配信未定。

Huluの動画配信に申し込むなら
    ↓  ↓  ↓  ↓
    Huluのサイト

U-NEXTの動画配信に申し込むなら
    ↓  ↓  ↓  ↓


TSUTAYADISCASで動画配信を受けるなら
    ↓  ↓  ↓  ↓


DMM.comで動画配信を受けるなら
    ↓  ↓  ↓  ↓



いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画 ブログランキングへ

コメント
非公開コメント


いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最新映画DVD、ブルーレイ購入レンタル最安値情報 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。